トレンドニュース

【卒業+理由】渡邉美穂の経歴に顔画像は?今後の活動方針が素敵過ぎ!?

【卒業+理由】渡邉美穂の経歴に顔画像は?今後の活動方針が素敵過ぎ!?日向坂46の渡邉美穂が卒業理由が素敵過ぎて眩しい?!渡邉美穂の経歴や今後の活動方針など気になることを調査!2期生初・卒業の渡邉美穂の顔画像にプロフィールも全部まとめてご紹介!今回は日向坂46・渡邉美穂にフォーカス!

2022年4月3日日向坂46の渡邉美穂さんがブログで卒業発表をしました。

2期生メンバーでは初の卒業だそうです。グループ内でも衝撃が走っているだとか。

一体、渡邉美穂さんの卒業理由とは何なのでしょうか?

この記事でわかることはこちらです。

  • 渡邉美穂の卒業理由
  • 渡邉美穂の経歴プロフィール
  • 渡邉美穂の今後の活動方針

それでは、説明していきます!

渡邉美穂の卒業理由は?

渡邉美穂さんはご本人のブログで卒業を発表されました。

ご本人のコメントから卒業理由に関する周辺情報を整理するとこなります。

  • ネガティブ気持ちによる卒業ではない
  • 20代に入ってから、今後の人生についてよく考えるようになった
  • 周囲の信頼できる人にも何度も相談し、1年以上かけて結論を固めてきた
  • グループで活動している中で、目標をみつけることができた
  • 人前に出ることが苦手、自分の考えをハッキリ言うことが苦手、その苦手を日向坂46の活動の中で、乗り越えることができた

確かに、後ろ向きな卒業ではなく、未来の更なる活躍を見据えた卒業と言えそうですね。

今後の活動方針は?

渡邉美穂さんの卒業発表に関するコメントから推測してみます。

元々人前に出るのが苦手だったという渡邉美穂さんですが、最近ではバラエティー番組やドラマなど様々なジャンルで活躍されています。

ご本人の言う通り、苦手を見事克服できているのでしょう。

2022年4月23日からは、ひかりTVで放送予定の『グッドモーニング』でヒロイン役を務めます。

https://twitter.com/oricon/status/1509812813031567360?s=20&t=EOqEnDA83fQEvc9Az-juhg

直近では、女優業への道も大きく開けてきたと言えますね。

つまり、渡邉美穂さんが描く今後の活動は、『主に女優業』なのではないでしょうか。

前田敦子さん、川栄李奈さん、大島優子さんなどのAKB48の初期メンバーたちも多くが卒業後に女優業へと転身されているため、十分にありえると思われます。

渡邉美穂の経歴プロフィール+顔画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡邉美穂(@watanabe_miho_)がシェアした投稿

  • 生年月日:2000年2月24日
  • 出身地 埼玉県
  • 身長 158.2cm
  • 血液型 A型
  • 星座 うお座
  • あだ名:べみほ、みほちー
  • 特技:バスケ、ピアノ
  • 活動期間:2017年~

2017年、当時高校3年生だった渡邉美穂さんは、けやき坂46の追加メンバーオーディションへ応募したことをきっかけにアイドルへの道を歩き始めます

母親がアイドルになることに対して猛反対していたが、勉強とアイドル活動を両立させる計画書を作り、納得させていたそうです。(勉強時間は毎日12時間など)

2017年に、けやき坂46主演ドラマ『Re:Mind』にドラマ初出演したことを皮切りに、以降は写真集の発売、バラエティ番組への出演など、様々なメディアへの露出が増えていきました。

趣味はバスケで、バスケ歴は10年にも及ぶそうです。

コチラの動画の3分00秒あたりが、渡邉美穂さんの1on1シーンになります。

▼ハライチ澤部との1on1▼

けやき坂46から現在の日向坂46までの計5年間、アイドルとして最前線を走り抜けてきた渡邉美穂さんですが、7作目のシングルの活動を持って卒業することを発表しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡邉美穂(@watanabe_miho_)がシェアした投稿

渡邉美穂のまとめ

『【卒業+理由】渡邉美穂の経歴に顔画像は?今後の活動方針が素敵過ぎ!?』と題してお送りしてきました。

今回の記事をまとめると、

  • 渡邉美穂の卒業理由:前向きな卒業で未来型
  • 渡邉美穂の経歴プロフィール:2017年からアイドル活動開始
  • 渡邉美穂の今後の活動方針:女優業の可能性が高い

人気アイドルグループの卒業発表の度に、ファンの悲しい声がTwitterでは飛び交います。

始まりがあれば、終わりもある。しかし、今回の終わりは、新たな道の始まりだと思いますので、引き続き渡邉美穂さんの動向に注目ですね。

以上、渡邉美穂さんについてお送りしました。

▼関連記事▼