トレンドニュース

大地の芸術祭破損中学生犯人+実名を特定?黒崎中学校の誰で作品は何?

大地の芸術祭破損中学生犯人+実名を特定?黒崎中学校の誰で作品は何?芸術作品を破損させた犯人の中学生は誰で名前を特定?黒崎中学校の誰?!損壊した作品はコレ!

こんにちは。大地の芸術際破損事件を取り上げます。

2022年6月6日、新潟市の美術館の展示物を中学生が破損させたニュースが報じられ、話題となっています。

修学旅行で訪れた学生による仕業とのことで、世間では物議を醸しています。

一体、作品を破損させた犯人だ誰なのでしょうか?

大地の芸術祭の作品2点を破損!犯人は中学生!

毎日新聞では次のように報じています。

上記記事によると、破損させられた作品を展示していたのは、「越後妻有里山現代美術館」の「MonET」。

事件が起きたのは2022年4月21日で、新潟市から修学旅行で訪れていた中学生によって、「LOST#6」(クワクボリョウタさん制作)と「WellenwanneLFO」(カールステン・ニコライさん制作)の2作品が一部壊されたとのこと。

新潟県十日町市の市長も、長いことイベントを開催してきた中で初めての事件であり、困惑しているとコメントしています。

それにしても、芸術作品を破損させてしまうというのはいかがなものでしょうか。

中学生とは、既に分別をわきまえることができる年齢。

事の善悪判断はできるはずです。

美術作品は、高価なものを数多く存在するため、今回損壊した作品の価値がとても気になるところですね。

世間の反応

修学旅行中で教育の一環としての行事なのだから当然監督責任は学校にもありますけど、やっぱり損壊させた生徒の保護者にも責任はあるのでは?そもそも、器物損壊の責任は当事者にあるわけなのだし、自覚させる意味でも学校側が尻ぬぐいをすべきではないかと。

故意だったら損害保険も適用されないよね。というか、生徒の親の躾がなっていない。本来なら保護者に請求すべきなのに、修学旅行だからといって市は学校側へ損害賠償請求したとのことだが、わだかまりが残るな。

生徒は謝罪した上で、損害賠償請求されるべきだろうに。お金で価値をはかれないから芸術作品なのだけど、だからこそ高価なものを損壊した自覚を持たせるべきで、何でもかんでも周りがなんとかしてくれるといった気持ちを抱かせるのは本人のためにならない。

本人や親に謝罪させて弁償させるのは当然のことだと思うけどさ、正直この作品楽しみにしていた人の気持ちも考えて欲しいよね。壊した人間には一生その気持ちってわからないと思う。

作品損壊の中学生犯人+実名を特定?黒崎中学校の誰?

では、今回の美術作品を損壊させた犯人生徒は誰なのでしょうか?

ニュースでは、既に「黒崎中学校の3年生」と報じられています。

中学校名が報じられるって相当なことではないでしょうか?

しかし、中学校名を出されてしまうと、中学校周辺にマスコミや野次馬が出没し、在学生に迷惑がかかる気もしますよね。

実際、取材にきているメディアなどいるのではないでしょうか?

しかしながら、今回の犯人は未成年ということもあり、実名までは報道されていません。

そのため、損壊した生徒の名前や顔画像ならびにSNSなどは、一切特定できていない状況です。

おそらく、その内掲示板などで特定班が動き出し、詳細な情報がキャッチされる可能性があります。

本件については、続報があり次第、追記していきたいと思います。