トレンドニュース

知床遊覧船のKAZUI(カズワン)+浸水/沈没理由は?カシュニの滝どこ?

知床遊覧船のKAZUI(カズワン)+浸水/沈没理由は?カシュニの滝どこ?知床遊覧船が運行するKAZUI(カズワン)に浸水報道で海上保安庁が出動!?カシュニの滝って場所はどこでどんな所?今回は浸水報道のあった知床遊覧船のKAZUI(カズワン)についてフォーカス!

こんにちは。今回は知床遊覧船が運営するKAZUI(カズワン)について取り上げます。

2022年4月23日、同船より浸水していると通報があり海上保安庁が出動する事態となっています。

海上保安庁はKAZUI(カズワン)の船体を捜索しているものの、2022年4月23日21時現在では見つかっていない状況です。

一体、浸水してしまった理由は何なのでしょうか?

今回は、KAZUI(カズワン)の浸水理由に加え、運行ルートや乗員乗客の詳細・報道にあったカシュニの滝についても深堀りしていきたいと思います。

この記事でわかることはコチラ。

  • 知床遊覧船のKAZUI(カズワン)の運行ルートや乗員乗客の詳細は?
  • 知床遊覧船のKAZUI(カズワン)の浸水理由は何?
  • カシュニの滝ってどこにあって、どんな場所?

それでは説明していきます!

知床遊覧船のKAZUI(カズワン)|運行ルートや乗員乗客の詳細は?

上記記事によると、2022年4月23日がKAZUI(カズワン)の今シーズン初運航だったようです。

遊覧船には、3つのコースが存在し、今回は「知床岬コース」として知床付近の沖合を遊覧し、3時間程度で帰港する予定となっていた模様です。

しかしながら、10時に出航した同船は、運航中に船首が浸水したとして、乗組員が118番(海上保安庁)通報したとのことです。

乗員乗客は計26人で中には子供も

乗員は船長・甲板員の2名と、子供2名を含む24人の乗客が乗船しているようです。

2022年4月23日21時時点では、船は発見されておらず、夜間になるにつれ捜索は困難になると報じられています。

船が浸水するという不測の事態が発生したことで乗客にパニックが起きていると予想され、あまつさえ子供が乗船していることを考えると、船内の心理状態は混迷を極めていると想定されます。

知床遊覧船のKAZUI(カズワン)|浸水理由や原因は何?

浸水理由について調べてみると、北海道海難防止・水難救済センターの関係者の推測的なコメントを発見しました。

  • 船首から浸水したのであれば、船底が岩場に接触して船体に穴が開いたのではないか
  • 船体は35度くらい傾けば、いつ転覆してもおかしくない

上記コメントは不確定情報の中での推測とのことです。

しかしながら、現時点で船首の浸水が始まってから大分時間が経過していることから、転覆等の可能性も懸念される非常に危険な状況ということが理解できます。

同日は強風かつ水温が5度前後

2022年4月23日は、今朝から強風により波の状態も荒く、地元漁師でさえ早々に帰港していたとのことでした。

そんな環境下で運航していた場合、船底が岩肌に接触する事態も可能性としては十分に考えられるのかもしれません。

最悪、救命胴衣で海へ脱出を試みた場合でも、水温が5度前後と低いこともあり長期間水に浸かっていることへのリスクも懸念されます。

知床遊覧船のKAZUI(カズワン)|カシュニの滝ってどんな所では場所は?

KAZUI(カズワン)はカシュニの滝付近を運航中に通報したとのことでしたが、カシュニの滝とはどこにあるのでしょうか?

上記記事によれば、カシュニの滝は北海道の最右端付近に存在する観光スポットのようです。

船に乗らなければ訪れる機会はほぼ無いとのことなので、遊覧船特有の観光スポットとして知られているようです。

上記ツイートによれば、カシュニの滝はその名のとおり滝を拝むことができる観光スポットのようです。

知床遊覧船のKAZUI(カズワン)|まとめ

『知床遊覧船のKAZUI(カズワン)+浸水理由は?カシュニの滝どこ?』と題してお送りしてきました。

今回の記事をまとめると、

  • 知床遊覧船のKAZUI(カズワン)の運行ルートや乗員乗客の詳細は?:知床付近を遊覧するルートで、乗員乗客26名
  • 知床遊覧船のKAZUI(カズワン)の浸水理由は何?:関係者の推測では、船底が岩場に接触して船体に穴が開いたのではとのこと
  • カシュニの滝ってどこにあって、どんな場所?:滝を拝める遊覧船(陸路では近づきにくい)ならではスポット

以上、知床遊覧船のKAZUI(カズワン)についてお送りしました。