トレンドニュース

スニッカーズ|原因/理由なぜ+異物混入!回収対象種類は?

スニッカーズ|原因/理由なぜ+異物混入!回収対象種類は?ガラス片が入ったスニッカーズを自主回収?!混入した原因は何で理由はなぜ?回収対象となったいるスニッカーズの種類は?

こんにちは。スニッカーズの自主回収騒動を取り上げます。

2022年5月13日、スニッカーズの製造会社「食品会社マースジャパン」が、ガラス片が混入したとして自主回収を発表しました。

一体何があったのでしょうか?

スニッカーズ|ガラス片混入で自主回収!

朝日通信デジタルでは次のように報じています。

上記記事によれば、スニッカーズの購入客より、2022年4月28日に異物が入っていると連絡が入ったそうです。

合計で4件の連絡があり、その内1人の購入客が歯が欠けるといった怪我をしているそうです。

食品会社マースジャパンは、本件を受け300万個のスニッカーズの自主回収を発表したとのことです。

回収対象のスニッカーズの種類は4つ

今回の自主回収で対象となっている商品は次のとおりです。

  1. スニッカーズ ピーナッツ シングル
  2. スニッカーズ ミニ
  3. スニッカーズ ファンサイズ180g
  4. スニッカーズ ホワイト

写真は上記ツイートのとおりになります。

ちなみに、①~③は賞味期限が「2023・1・8」と「2023・2・5」、④は「2023・1・8」のものが回収の対象とのことです。

ガラス片が混入しているとは危険極まりない事案です。

実際、歯が欠けてしまうといった怪我人まで発生しているため、事態は深刻ではないでしょうか?

世間の反応

いやー、危ない・・・スニッカーズ好きだからマジで賞味期限チェックしよう。ガラス片飲み込んだら緊急事態過ぎるだろ・・・。

製造ラインでガラス片が入るシーンて一体何なんだ?機械の部品とかなのかな?

小さい子に食べさせている親御さんは気を付けてください。飲み込んで喉が傷ついたら大変。 向上の管理体制が問われますね。

スニッカーズ|異物混入の原因/理由はなぜ?

今回、ガラス片が混入してしまった原因は何なのでしょうか?

今回自主回収する300万個のスニッカーズは、同じ製造ラインで作られたものとのことです。

工場での製造過程で、ガラス片が混入するシーンを挙げてみます。

工場の製造機器の部品

製造ラインの従業員が身に着けていたもの

原材料の段階で含まれていた?

私の想像力ではこれくらいしか思いつきません。

しかし、製造ラインの部品が壊れて混入することはあり得るのでしょうか?

経年劣化で、一部部品が壊れ落ちるといったケースがもしかするとあるのかもしれませんが、何とも言えませんよね。

また、従業員が身に着けていたものだとした場合は、製造ラインに従事する人は原則何も身に着けない気もしますし、謎ですね。

現時点では、原因については公表されていないため、続報を待ちたいと思います。

スニッカーズ|自主回収騒動のまとめ

『スニッカーズ|原因/理由なぜ+異物混入!回収対象種類は?』と題してお送りしてきました。

今回の記事をまとめると、

2022年5月13日、300万個のスニッカーズ自主回収が発表されました。

自主回収対象の種類は全部で4つ(詳細は上記参照)。

ガラス片混入の原因/理由については、究明中。

スニッカーズを愛している人も多いと思いますので、いち早く安心して食べられる日がくることを願いたいです。

以上、スニッカーズの自主回収騒動をお送りしました。