トレンドニュース

中川イサトの経歴+病気(死因)は?顔画像や本名のwikiプロフィール!

中川イサトの経歴+病気(死因)は?顔画像や本名のwikiプロフィール!日本のギタリスト・中川イサトの経歴や近況を調査!病気で死去されたけど死因は何?生前の顔画像に本名や出身などwikiプロフィールを紹介!今回は日本のギタリスト・中川イサトにフォーカス!

この記事でわかることはコチラ。

  • 中川イサトの経歴や病気(死因)
  • 中川イサトの顔画像+本名などのプロフィール
  • 中川イサトのギタリストとして動画

それでは説明していきます!

中川イサトの経歴や病気(死因)は?

2022年4月8日にギタリストであり、シンガーソングライターの中川イサトさんが東京都の病院で亡くなったとのニュースがありました。

死因は慢性腎疾患で、享年75歳でした。

中川イサトさんの経歴を振り返りってみたいと思います。

中川イサトの経歴プロフィール

  • 本名:中川 砂人(ナカガワ イサト)
  • 生年月日:1947年1月30日(年齢75歳)
  • 出身:大阪府
  • 演奏ジャンル:フォークソング
    職業:シンガーソングライター/フィンガー・ピッキングギタリスト
  • 活動期間:1967年~2022年
  • 配偶者:中川 知子(ナカガワ トモコ)

中川イサトさんは、1947年に大阪で生まれました。

ギタリストとして、多くの歌い手達のバックを務めながらギタリストとして独自のギター・ミュージックを追求されてきました。

1970年から2003年の間に19枚のアルバムをリリースしたそうです。体調を崩すまでは熱心に作曲活動へ励んでいたそうです。

近年ではフィンガーピッカーとして、嘉門達夫、押尾コータローら有名ギタリストの活動をバックアップし音楽業界へ貢献していたようです。

そして、2022年4月7日に慢性腎疾患で息を引き取りました。

Twitterでも中川イサトさんの死を悼む声が飛び交っています。

中川イサトの顔画像や演奏動画はある?

中川イサトさんは若い頃のお顔やギタリストとしての活動映像を探してみました。

 

若い頃と思われる写真が見つかりました。

中川イサトさんが音楽活動を始めた1970年代はフォークソング全盛期。

上記のツイートでも、当時喫茶店などで流れる音楽を懐かしんでいるのでしょうか。

次に演奏動画ですが、中川イサトさんはフィンガーピッカーの草分けの一人として有名です。

フィンガーピッカーとは、ピックを使わずに指先や爪で演奏する奏法を指します。

中川イサトさんの名人級の演奏を見てみましょう。

ギターと言えど、弾き方次第でこんなにも変わるのですね。

私は普段ギターを聴く機会が少ないので、素敵な音色に感動しました。

ギターって音色が心地良いので、バラードとの相性がとても良い楽器ですね。ずっと聴いていたくなる楽器です。

75歳でお亡くなりになった中川イサトさん。世間的にはまだ若いと言われる年齢ではないでしょうか。

中川イサトのまとめ

『中川イサトの経歴+病気(死因)は?顔画像や本名のwikiプロフィール!』と題してお送りしてきました。

今回の記事をまとめると、

  • 中川イサトの経歴や病気(死因):ギタリスト/死因:慢性腎疾患
  • 中川イサトの本名などのプロフィール:中川砂人(ナカガワ イサト)
  • 中川イサトのギタリストとして動画:フィンガーピッカーの草分けの一人、素敵な演奏でした

喪主は奥様である中川知子さんが務めるそうです。

大切な旦那を無くしてお辛い状況かと思います。ご冥福を心からお祈り申し上げます。

以上、中川イサトさんをお送りしました。