トレンドニュース

福島英賢教授の凄さまとめ!Twitter垢やwiki経歴も紹介!

福島英賢教授の凄さまとめ!Twitter垢やwiki経歴も紹介!奈良県立医科大付属病院の福島英賢教授は何が凄いの?wiki経歴や出身大学にTwitter垢も丸ごと紹介!

こんにちは。福島英賢教授を取り上げます。

2022年7月8日、安倍首相の治療を行った病院の記者会見が開かれた際、福島英賢教授が質疑応答を行いました。

記者の質問に対して正確かつ簡潔に回答する姿に多くの賞賛の声が集まり話題となっています。

今回は、福島英賢教授について紹介していきます。

福島英賢教授の凄さまとめ

エキサイトニュースでは次のように報じています。

2022年7月8日に開かれた記者会見は、まさに一問一答とやりとりとなっていました。

記者の質問に対し、簡潔かつ正確に回答している様子はTwitterでも、「福島教授すごくね?」といったような声が多く飛び交っていました。

代表的な記者からの質問は次の通り。

死因は何だったのか?

2か所撃たれたとのことだが致命傷はどちらか

輸血はどの程度行ったのか

どういった治療を行ったのか

正直、ライブを見ていた時は記者の質問のレベルが低すぎて気分が悪くなるほどでした。

上記に挙げた質問は国民も気になる内容だと思いますが、中には遺族の病院到着時のコメントは何だったのかなど、そういった守秘義務があるだろうことに深堀りしようとする記者もいました。

また、一発目と二発目はそれぞれどこに当たったのか、などといった誰にもわかりようの無い質問もあったりなど、記者の頭の悪さが露呈する記者会見でもあったなと感じています。

にも関わらず、福島英賢教授は表情を変えずに淡々と冷静に、そして正確に全ての質問回答する姿勢を見せ、世間も驚いたということです。

世間の反応

本当に記者の質問の質が低すぎて終始疑問が残った。実際の事件現場での内容なんて医者にわかるはずがないし、家族の状況なんて守秘義務の観点で言えるはずもないし、そんなことも想像できずに質問する記者が本当に馬鹿らしく感じましたね。

記者がトンチンカン過ぎてイライラした。自分達が記事にしたいからってのがあけすけだったし、道徳観の欠片も感じることができない人間たちだったな。

奥様の様子、犯人の殺意などといった治療や状態に関係しないことには全て回答せずに「私が見たのは傷だけ」に発言内容をとどめるあたり、プロであり医者としての誇りを感じました。そもそも5時間にわたる蘇生措置を行った後という非常に苦しいコンディションの中での記者会見でしたが、本当に素晴らしい対応だったと思います。

福島英賢教授のTwitter垢やwiki経歴は?

ネット上では、『福島英賢教授+Twitter』で検索する人が多いようです。

ちなみに、名前の読み方は「福島英賢=ふくしまひでただ」です。

何を調べたいのか、調査してみると福島英賢教授のTwitter垢が見たいのではなく、Twitter上ではどういった反応だったのかを知りたいがために、検索されているようですね。

ちなみに、Twitterで福島英賢で検索しても、同氏のアカウントは確認することができませんし、恐らくやっていない可能性が高いかもしれません。

wiki上の経歴や出身大学などは?

まず、おおまかな経歴は次の通りとなります。

  • 1996年 大阪市立大学医学部 卒業
  • 2007年 奈良県立医科大学救急医学教室 助教
  • 2013年 奈良県立医科大学救急医学教室 講師
  • 2017年 奈良県立医科大学救急医学教室 准教授
  • 2018年 奈良県立医科大学救急医学教室 教授

出身大学は「大阪市立大学医学部」とのこと。

場所はコチラのようです。

上記の経歴を見ただけでも、順当に地位を獲得している様子が伺え、まさにエリート街道を進んでいると言えるのではないでしょうか?

Medical Note上でも福島教授の簡単なプロフィールがまとめられていますが、その中で得意分野は『心肺停止』と記載があったので、だからこそ今回の件で顔を出したということもあるのかもしれませんね。