映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』
  • NEWS
  • 作品情報
  • 特報・予告編
  • 劇場情報
  • 平田家の歴史
  • イントロダクション
  • ストーリー
  • 人物相関図・キャスト
  • スタッフ
  • インタビュー
  • 公式Twitter
  • 公式Facebook
スタッフ

原作・監督・脚本

山田洋次

山田洋次監督photo1931年生まれ、大阪府出身。54年、東京大学法学部卒。同年、助監督として松竹入社。61年『二階の他人』で監督デビュー。69年『男はつらいよ』シリーズ開始。他に代表作として『家族』(70)、『故郷』(72)、『同胞』(75)をはじめ、第1回日本アカデミー賞最優秀監督賞他6部門受賞の『幸福の黄色いハンカチ』(77)、『息子』(91)、『学校』(93)などの名作がある。02年、藤沢周平原作の本格時代劇『たそがれ清兵衛』では、第26回日本アカデミー賞15部門をはじめ日本の映画賞を総なめにし、第76回米国アカデミー賞外国語映画部門ノミネートを果たした。
続く、『隠し剣 鬼の爪』(04)は、第55回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品、第7回ジンバブエ国際映画祭最優秀作品賞を受賞した。06年『武士の一分』の大ヒットに続き、『母べえ』(08)も大ヒットを記録、第58回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され話題になった。2010年には10年ぶりの現代劇となる『おとうと』が公開、第60回ベルリン国際映画祭のクロージング作品として上映、特別功労賞にあたるベルリナーレ・カメラを受賞。同時に07年より客員教授を務める立命館大学映像学部の学生たちと作り上げた『京都太秦物語』も上映され、大きな話題を集めた。13年には小津安二郎監督へオマージュを捧げる映画『東京家族』が、そして14年は『小さいおうち』が公開され、第64回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品、銀熊賞を受賞した。戦後70年の2015年には『母と暮せば』が、16年には喜劇映画『家族はつらいよ』、17年には『家族はつらいよ2』が公開された。最新作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』は86本目の監督作となる。
演劇では、07年、歌舞伎作品「人情噺文七元結」を補綴し新橋演舞場で上演、監督作品としてシネマ歌舞伎でも上映された。10年、本格的な舞台脚本・演出を手がけた「麥秋」が新派公演として上演され、12年には新派公演第二弾として「東京物語」が上演された。また、13年には、鄭義信の脚本による舞台「さらば八月の大地」の演出を手掛け、新橋演舞場にて上演された。17年3月には、フランスの劇作家マルセル・パニョル原作の戯曲「音楽劇 マリウス」の脚本・演出を手掛け、東京・日生劇場にて上演された。また前進座、五月国立劇場公演「裏長屋騒動記」の監修・脚本も手掛ける。本年は初春新派公演として舞台「家族はつらいよ」が三越劇場にて上演された。6月には「音楽劇 マリウス」の再演が大阪松竹座で控えている。
1970年に芸術選奨文部科学大臣賞・毎日芸術賞、72年に菊池寛賞、96年に紫綬褒章・朝日賞、02年に勲四等旭日小綬章、04年に文化功労者、08年より日本藝術院会員、12年に文化勲章を受章、14年に東京都名誉都民顕彰。

『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』横尾忠則デザインポスター

イメージポスター・タイトルデザイン

横尾忠則

1936年生まれ、兵庫県出身。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロ、バングラデシュなど各国のビエンナーレに出品し世界的に活躍する。アムステルダムのステデリック美術館、パリのカルティエ財団現代美術館での個展など海外での発表が多く国際的に高い評価を得ている。2000年以降も東京都現代美術館、京都国立近代美術館、金沢21世紀美術館、国立国際美術館など国内の美術館で相次いで個展を開催。95年に毎日芸術賞、01年に紫綬褒章、06年に日本文化デザイン大賞、08年に小説集「ぶるうらんど」で第36回泉鏡花文学賞、11年に旭日小綬章、同年度朝日賞、14年に山名賞、15年に世界文化賞など、受賞・受章多数。主な近書に「横尾忠則全版画 HANGA JUNGLE」(国書刊行会)、「本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた」(光文社)、「創造&老年」(SBクリエイティブ)などがある。12年、神戸に横尾忠則現代美術館開館。13年、香川県豊島に“豊島横尾館”開館。作品は国内外の主要美術館に収蔵されており、今後も世界各国の美術館での個展が予定されている。 13年、『東京家族』でのY字路をモチーフにしたイメージポスターを描いて以来、山田洋次監督と親交を深め、『家族はつらいよ』(16)、『家族はつらいよ2』(17)に引き続き、本作でもタイトルデザインに加え、イメージポスターのデザインを担当する。

脚本(共同脚本)

平松恵美子

1967年、岡山県出身。93年、『学校』(山田洋次監督)に参加し、以後の山田監督作品『男はつらいよ 寅次郎紅の花』(95)、『たそがれ清兵衛』(02)、『隠し剣 鬼の爪』(04)などに助監督として参加する。また共同脚本作品として、『さよなら、クロ』(03/松岡錠司監督)、『釣りバカ日誌16』(05/朝原雄三監督)の他、山田監督の『武士の一分』(06)、『母べえ』(08)、『おとうと』(10)、『東京家族』(13)、『小さいおうち』(14)、『母と暮せば』(15)、『家族はつらいよ』(16)、『家族はつらいよ2』(17)などに参加。監督作品としては『ひまわりと子犬の7日間』(13)、「双葉荘の友人」(16/WOWOW)、2019年春には『あの日のオルガン』の公開が控えている。

音楽

久石譲

1950年、長野県出身。国立音楽大学在学中よりミニマル・ミュージックに興味を持ち、現代音楽の作曲家として出発。84年の映画『風の谷のナウシカ』以降、『となりのトトロ』(88)、『風立ちぬ』(13)など宮崎駿監督の10作品の音楽を担当する。その他、『HANA-BI』(98/北野武監督)、『おくりびと』(08/滝田洋二郎監督)、『悪人』(10/李相日監督)など多数の映画音楽を手掛ける。01年には、初映画監督作『Quartet カルテット』を製作、音楽・共同脚本も手掛け、モントリオール世界映画祭のワールドシネマ部門正式招待作品に選ばれた。09年、紫綬褒章受章。国立音楽大学招聘教授。長野市芸術館芸術監督。近年の映画音楽担当作は『花戦さ』(17/篠原哲雄監督)など。山田洋次監督作としては『東京家族』(13)、『小さいおうち』(14)、『家族はつらいよ』(16)、『家族はつらいよ2』(17)に続いての音楽担当となる。

撮影

近森眞史

1958年、高知県出身。松竹大船撮影所にて川又昂、高羽哲夫両キャメラマンに師事し、『疑惑』(82/野村芳太郎監督)、『黒い雨』(89/今村昌平監督)、『息子』(91/山田洋次監督)など数多くの作品に携わる。以後、朝原雄三監督の『サラリーマン専科』シリーズ(95〜97)、『釣りバカ日誌』シリーズ14〜20作目(03〜09)、『SHINOBI』(05/下山天監督)、『ひまわりと子犬の7日間』(13/平松恵美子監督)、山田洋次監督作品に、『おとうと』(10)、『京都太秦物語』(10/阿部勉共同監督)、『東京家族』(13)、『小さいおうち』(14)、『母と暮せば』(15)、『家族はつらいよ』(16)、『家族はつらいよ2』(17)など。

美術

倉田智子

1969年、広島県出身。武蔵野美術短期大学を卒業後、西岡善信美術監督率いる映像京都に入社。映画、TVの助手を務め、99年TVドラマ「御家人斬九郎」(95〜02/CX)でデザイナーデビュー。山田洋次監督の『たそがれ清兵衛』(02)や『隠し剣 鬼の爪』(04)、『家族はつらいよ』(16)、『家族はつらいよ2』(17)などにも関わる。主な作品に『娘道成寺 蛇炎の恋』(04/高山由紀子監督)、『関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲!』(13)、『超高速!参勤交代』(14)、『超高速!参勤交代 リターンズ』(16/本木克英監督)などがある。『花戦さ』(17/篠原哲雄監督)で第41回日本アカデミー賞最優秀美術賞を受賞。

照明

渡邊孝一

1956年、福島県出身。大映テレビ制作の「赤いシリーズ」などのTVドラマに助手として参加。その後に照明技師として独立する。主な映画作品に、『どついたるねん』(89/阪本順治監督)、『バタアシ金魚』(90/松岡錠司監督)、『いつかギラギラする日』(92/深作欣二監督)、『ピンポン』(02/曽利文彦監督)、『阿修羅のごとく』(03/森田芳光監督)、『カムイ外伝』(09/崔洋一監督)、『ひまわりと子犬の7日間』(13/平松恵美子監督)の他、主な山田洋次監督作品として、『おとうと』(10)、『東京家族』(13)、『小さいおうち』(14)、『母と暮せば』(15)、『家族はつらいよ』(16)、『家族はつらいよ2』(17)など。

編集

石井巌

1933年、神奈川県出身。松竹大船撮影所の編集技師として、67年『九ちゃんのでっかい夢』から山田洋次監督作品を担当。その後も『吹けば飛ぶよな男だが』(68)、『喜劇 一発大必勝』(69)、『男はつらいよ』シリーズの第1作から最終作までを手がける。その他、主な山田監督作品として、『家族』(70)、『幸福の黄色いハンカチ』(77)、『息子』(91)、『学校』シリーズ(93〜00)、『たそがれ清兵衛』(02)、『隠し剣 鬼の爪』(04)、『武士の一分』(06)、『母べえ』(08)、『おとうと』(10)、『東京家族』(13)、『小さいおうち』(14)、『母と暮せば』(15)、『家族はつらいよ』(16)、『家族はつらいよ2』(17)などを担当している。

録音

岸田和美

1952年、神奈川県出身。74年、松竹大船撮影所入社。93年、『スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち』(朝間義隆監督)で録音技師デビュー。以後、『サラリーマン専科』シリーズ(95〜97/朝原雄三監督)、『釣りバカ日誌イレブン』(00/本木克英監督)、『天国の本屋~恋火』(04/篠原哲雄監督)、『ひまわりと子犬の7日間』(13/平松恵美子監督)等を手がける。山田洋次監督作品では、『たそがれ清兵衛』(02)、『隠し剣 鬼の爪』(04)、『武士の一分』(06)、『母べえ』(08)、『おとうと』(10)、『東京家族』(13)、『小さいおうち』(14)、『母と暮せば』(15)、『家族はつらいよ』(16)、『家族はつらいよ2』(17)などに参加。

プロデューサー

深澤宏

1959年、東京都出身。82年松竹入社。以降、『キネマの天地』(86)、『男はつらいよ』シリーズ(87〜95)、『息子』(91)、『学校』シリーズ(93〜00)、『たそがれ清兵衛』(02)、『隠し剣 鬼の爪』(04)、『武士の一分』(06)、『母べえ』(08)、『おとうと』(10)、『東京家族』(13)、『小さいおうち』(14)、『家族はつらいよ』(16)、『家族はつらいよ2』(17)など数多くの山田洋次監督作品を担当。他に『釣りバカ日誌』シリーズ(88〜90、94、00〜09)、『超高速!参勤交代』(14/本木克英監督)、『愛を積むひと』(15/朝原雄三監督)、『クリーピー 偽りの隣人』(16/黒沢清監督)などがある。

©2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」製作委員会

映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』