映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』
  • NEWS
  • 作品情報
  • 特報・予告編
  • 劇場情報
  • 平田家の歴史
  • イントロダクション
  • ストーリー
  • 人物相関図・キャスト
  • スタッフ
  • インタビュー
  • 公式Twitter
  • 公式Facebook

インタビュー

photo
平田家女性キャストインタビュー

━今回は史枝さんが家出をすることで一家に史上最大のピンチが訪れるお話ですが、台本を読んでどう感じられましたか。

夏川
「すみません」と思いました。(笑)
吉行
『家族はつらいよ2』のとき、次は史枝さんが何かやるに違いないと思っていたの。不倫かな、家出かなって。(笑)
夏川
えー、本当に!?私は内容を聞いて驚きました。
蒼井
私も、フラメンコには驚いた。
photo

━山田監督の演出をはじめ、今回の現場の雰囲気はいかがでしょうか。

吉行
面白いどころか、演出が変わるのでドキドキして。現場の雰囲気は本当にいいんです。みんな凄く信頼し合っているし、慣れているし、愛しているし。
夏川
私は今回1人のシーンが多かったので、1人で山田監督の演出を受け止める、という覚悟をしたんですけど、案外1人だと優しいんです。本当に贅沢な時間でした。
中嶋
西村さんのことをいつも「兄さん」と言っていたのが、今回は「お兄ちゃん」って言う場面が出てきて、兄妹のコアな対立という感じがしました。「お兄ちゃん!」って言うシーンで監督が近づいて来られて、「何十回と、さくらが言ったんだよね。きゅんとくるね」とおっしゃって、「私、今すごいセリフを言っているんだ」って思った。
吉行
私、好きだわ。夜の道での、あの「お兄ちゃん!」。
蒼井
私は監督に「哲学を語ってくださいね」と言われて。まだそのシーンは撮影してないんですけど、今まさにドキドキしてます。
中嶋
憲子はだいたい、「大事なセリフですからね」って言われる事が多いよね。
蒼井
今回は「宇宙も命も、家族も感じながら」って。撮影の前日、腕を掴まれて、「明日はとっても大事なシーンですからね」って言われて……あぁ、今回もドキドキする!

━完成が楽しみなシーンはありますか?

夏川
私この度、人生で初めてフラメンコというものに挑戦をさせていただきました。合成で、ダンサーの首の上を私の顔にするのかなと思っていたら、きっちりとフラメンコのレッスンに通わせていただきました(笑)
蒼井
私、台本読んですぐに朋子さんにメールした。「踊りますよ!」って。
中嶋
そうそう。
夏川
皆に笑ってもらうために私は踊っているのかって、途中で分からなくなった。笑いのネタなのかと。
吉行
そんなことないと思う。
蒼井
「怒りの表現」。
夏川
そう、フラメンコとは、怒りを表現することらしいんです。
蒼井
だから、主婦の怒りを全部こめて、夏川結衣、踊ります。
夏川
…できない!(笑)撮影、明後日なんです。荷が重いですが、頑張って仕上げます。

━今回のテーマは「主婦への讃歌」。裏を返せば“妻だってつらいのよ”という事かと思います。本作を通して家事労働についてどのように思われましたか。

中嶋
こうやって取り上げられるのは、やっぱりうれしいよね。だって大変だもん。平田家は特に大きいお家だし、お掃除も大変でしょう。
夏川
アイロンがけってあんなに大変なの?と思った。本当に山積みで。
蒼井
こういう家族形態じゃなくても、例えば自分の旦那さんと子供だけでもすごく大変だと思う。
夏川
平田家は、お父さんお母さんが食べる朝ごはんと子供が食べる朝ごはんが違うの。それから、お弁当も作って。
吉行
本当に史枝さんはすごすぎるわね。だからいなくなっちゃった後、男の人たちが困ったところで、家事がどれだけ大変か分かる。
蒼井
まず朝ごはんをつくって、お弁当も作って。
夏川
子供たちを出したら今度はお父さんたちの朝ごはん。それから掃除、洗濯、買い物……。
蒼井
だめだ、私お昼の時点で倒れる。
中嶋
それからお父さんお母さんのこと。
夏川
夜はアイロン。
蒼井
そこに酔っぱらった義理の父が帰ってきて、知らない人を連れてきたりして。(笑)
夏川
お風呂掃除もあるのよ。この作品は、是非旦那さんんと観てほしい。
蒼井
旦那さんに観てほしいですね。
photo
平田家男性キャストインタビュー

━シリーズ第3弾となりました。続編の予想はございましたか?

橋爪
そろそろ何かあるんだろうなぁとは思っていました。
妻夫木
『家族はつらいよ2』のときに、みんなで続編の内容を予測しましたね。「家の建て替えなんじゃないか」とか「相続税のことで揉める」とか。
橋爪
それもあったなぁ。僕は想像とぴったりでしたよ。「長男が危なくなるんじゃないか」と思っていました。
西村
蒼井さんと話してらっしゃいましたよね。
橋爪
そう、鋭いんだよね。
林家
監督も気にされていますよね。蒼井優先生に「優ちゃん、なんか面白い話ないか?」って。

━家族会議のシーンはいかがでしたか?

林家
毎回大変ですね。今回も撮影に3日間かかりました。でもこれが、ひとつの作品の見所になっている気がします。お兄さん、この長い家族会議のシーン、撮影はいかがでしたか?
西村
本当に、無事に終わってよかったと思っています。
妻夫木
結構激昂するやり取りが多いので、ついつい自分の中でも温度が上がりがちです。庄太としてはなるべく引っ張られないように頑張って抑えようとしているんですが、いつも引っ張られてしまって……。
林家
お父さんも大変だな、と思います。お父さんが、足を踏まれたときに、「イテッ」と言うところから始まる、家族会議。
橋爪
でもあれは、監督の直伝ですから。私にはああいう発想はなかったです。

━今回は〈主婦への讃歌〉がテーマになっています。家事労働の大変さが描かれますが、夫を演じられた皆さんはどう思いますか。

橋爪
僕は、家事は全くしないということは無いけど、そこそこかな。
妻夫木
なにをやるんですか?
橋爪
食器の洗い物、ゴミ出し……やらないことは無いですよ。皆さんはどう思いますか、家事労働。
妻夫木
そんなに大変さが分かっていないのかもしれないです。
林家
僕は一切家事はやらないですよ。でも、本当に奥さんには感謝感謝です。
橋爪
掃除したことないんですか。
photo
林家
ないです。奥さんが「やらないで」って。稽古をしてくれって。
妻夫木
奥さんが全部やるんですか。大変ですね。
橋爪
凄いね。俺たちなんか台本広げていたら、「ちょっと、邪魔!」って言われない?
妻夫木
「邪魔」までは言われないですよ!
橋爪
まあまあ、君のとこ、まだ短いから。
西村
これから言われることになるでしょう。
林家
西村さんも結構家事をされるんですか?
西村
自分にとってはいい気分転換になるので。
林家
どんなことをするんですか?
西村
一通りやりますよ。料理作ったり……本当にざっくりとしたものですけど。ほとんど麺類です。茹でて、家にあるものを使って。カレーライスはたまに作りますね。
橋爪
おお、すごいね。料理をしたいって気持ちはあるのよ。
林家
煮込みとか楽しいですよ。料理を作りながら飲むのがすごく楽しい。作った料理を喜んで食べてくれる家族の笑顔が一番の肴です……。
妻夫木
なに好感度上げようとしてるの!家族にポイント稼ごうとしてもだめですよ。
林家
家族のポイント、貯めなきゃいけないんですよね。

©2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」製作委員会

映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』