満席の観客から声援・拍手喝采止まず!! 山田監督「こんなに楽しい舞台挨拶はない!」公開初日舞台挨拶レポート

この度、5月27日(土)に丸の内ピカデリーにて監督・キャストによる公開初日舞台挨拶が行われました。
0527kazoku2_M
満員の会場の中、平田周造役 橋爪功さん、周造の妻・富子役 吉行和子さん、長男・幸之助役 西村雅彦さん、幸之助の妻・史枝役 夏川結衣さん、長女・金井成子役 中嶋朋子さん、成子の夫・金井泰蔵役 林家正蔵さん、次男・庄太役 妻夫木聡さん、庄太の妻・憲子役 蒼井優さん、周造の同級生・丸田吟平役 小林稔侍さん、幸之助・史枝夫婦の長男役 中村鷹之資さん、調子のいい鰻屋役 徳永ゆうきさん、そして本作を手がけた山田洋次監督の計12名が勢揃いで登壇しました。
待望のシリーズ2作目の記念すべき門出を一目見ようと集まった観客の方から大声援と拍手喝采の鳴り止まない、あたたかい笑いに溢れる舞台挨拶となりました。

はじめに、監督・キャストが登壇するや否や「パート3も待ってます!」「次回作お願いします!」と観客席のあちこちから絶え間なく歓声が!
それを受け山田監督は「映画が公開して怖いような嬉しいような気持ちだったけれど、皆さんの楽しそうな顔を見て安心しました。」と公開初日を迎え、安心したような笑顔でその思いを語りました。早速次回作への期待が高まる観客に、主演の橋爪さんも「パート2がヒットすれば、パート3があります。そのあたり歩いている人を引っ張って映画館に連れて行くくらいの気持ちで人に勧めてください」と話し、それに続き西村さんも「今日限りじゃなく、もっと声援をください!今日観てもらって良いと思ったら、良いことは周りにも共有しましょう!」、徳永さん「パート3では平田家の皆さんに、にこやかにうな重を食べてもらいたい」、そして妻夫木さんからも「本当の家族のような雰囲気の中で作りました。評判を広めていただけたらパート3があるかもしれません」と続々に次回作への意気込みを語りました。

イベントも和気藹々とした雰囲気で進み、劇中の平田家のようなキャスト同士の掛け合いに観客は抱腹絶倒。
山田監督はそんなメンバーで撮影された本作について、またこの家族で映画を撮ることができた思いを「気心の知れた俳優と仕事をするのは楽しく、皆さんに会えることが楽しい日々でした。本当の家族以上に仲が良いように思います。」と厚い信頼関係を感じさせるように語りました。

そして、本作のテーマが「無縁社会」であることにちなみ、逆に「縁」を感じるエピソードは?と聞かれると、吉行さんは「橋爪さんとは何度も長いこと夫婦を演じていて縁を感じます。」と橋爪さんへの縁を話すと、夏川さんも「以前、橋爪さんと共演した時は恋愛関係だったのに、今は父と娘。橋爪さんとのご縁を感じます。」と二人揃って答えました。
一方、蒼井さんは「10代の頃に山田監督の『学校』という作品のオーディションを受けています。その時は落ちてしまったけど。山田監督の映画が大好きでお小遣いを握りしめて映画館に通ってました。そしたら山田監督に「おとうと」という映画でお話をいただいて…今ここに至ります。」と長年の山田監督への思いを明かしました。
また、本編で友人である周造の家で亡くなる丸田を演じた小林さんは「丸田は悲しい最期ではなく、幸せな最期だったと僕は思っています。みなさん、友達との縁を大切に。」と話し、中村さんは「僕は父が70歳の時生まれた子でした。生まれてこれたことに縁を感じます。血の繋がった縁もあれば、このメンバーのような血の繋がらない縁もあると思いました。」と自身のエピソードを交えて話しました。
そして中嶋さんは、「正蔵さんがご出演されていた山田監督の舞台を、夏川さんと観に行きました。まるで父兄参加みたいで深い縁を感じてしました。」とプライベートなエピソードも披露。それを受け林家さんも「観に来てもらえて嬉しかったです。『よく頑張ったね』と言ってもらえて」とその時の思い出を語り、縁については「まだ”こぶ平”だった時、山田監督が脚本を手がけた落語を自分がやらせていただきたくて、山田監督の作品に出たくて松竹に行って、山田監督の目の前でサシで落語の練習をやったことがあります!」と山田監督のエピソードを語ると、徳永さんも「『男はつらいよ』シリーズの最後、48作目が公開された1995年に僕が生まれ、その撮影現場だった奄美大島は両親の出身地です。不思議な縁を感じています。」と監督との縁を明かしました。

最期に山田監督より「こんなに楽しい舞台挨拶はありません。今日来てくれたお客様にこんなに楽しんでもらえて、この映画はきっと多くの人に満足してもらえると思えました。」と挨拶をし、盛大な拍手の中会場を後にしました。