美人女将と“のんべえ” 3ショット実現!公開直前トークイベントレポート

本日5月23日(火)にスペースFS汐留にてキャストによるトークイベントが行われました。

0523①_98R1009

満員の会場の中、平田周造役の橋爪功さん、周造の旧友・丸田吟平役の小林稔侍さん、周造の馴染みの居酒屋の女将・かよ役、風吹ジュンさんという、『家族はつらいよ』シリーズではお馴染みの居酒屋シーン出演の3名がイベントでは初めて顔を揃え、本シリーズファンには堪らない笑い溢れる舞台挨拶となりました。

主演の橋爪さんは登場するなり「うちの家族が非協力的で。妻夫木は今日はいません。」と冗談を飛ばし会場の笑いを誘いました。
本作で周造は、風吹さん演じる美人女将・かよとラジオ体操に行ったり、デートに行ったりと前作から急接近する姿が描かれており、周造のごとく「当然でしょう!本当にジュンちゃんのいるお店が近所にあったら毎晩入り浸っちゃう。」と平田家不在の舞台挨拶にまんざらでもなくメロメロの様子。
小林さんも風吹さんの演技について「5月の風のよう」と太鼓判を叩き、会場を唸らせました。

本シリーズでのイベントにおいて初登壇となる風吹さんは「夢に山田監督が出てきました。やっぱりプレッシャーなんですかね。(笑)」と語りつつも、「お二人の顔を見てホッとしました。」と本編と同様、親交の深さを覗かせました。
撮影の裏側については「カウンター越しにお二人のお芝居が観られるんだから面白いです。特に稔侍さんがおかしくて。」と風吹さんが思い出を明かすと、橋爪さんも「(前作も、今作も)小林稔侍の演技が面白くてそれだけでも観る価値がありますよ。僕らも一緒に演じていて、そっちを見ないようにするのに必死だった。見たら吹き出しちゃうから。」と撮影中のエピソードを語りました。

一方、居酒屋かよでの共演は「東京家族」「家族はつらいよ」に続いて三度目となりますが、毎作役柄が大きく変わるのは小林さん。
前作では探偵、本作では工事現場で働く独居老人と、ともに周造の同級生ではあるが違う人物を演じていることについて「難しいと言っていられず、山田監督がその都度役について教えてくれます。それと、橋爪さんがリードしてくれるので、それがありがたいです。」と、橋爪さんへ信頼を寄せている様子。

シリーズ二作目である本作公開を間近に控え、三作目があるとするならばどんな展開を期待するかと司会者から尋ねられると、「次男夫婦に子供が生まれるんじゃないか。それか、長男夫婦が危なくなってくるか、はたまた泰蔵(林家正蔵)が捨てられるか。いくらでも考えられる。」と考察する橋爪さん。
一方風吹さんは「今度は小林さんがどう変身してくるか楽しみです。あと、周造さんは次は何をしてくるか。」と語ると「ラジオ体操に行って、デートもして、もう次は決まりでしょう。」と次回作で二人の関係がさらに進展することを期待する橋爪さんでしたが、「それは大問題ですね」と居酒屋かよごとく見事に交わした風吹さんとのやり取りに会場が笑いに包まれました。

最後にキャストそれぞれからの挨拶として、「映画の中で自分探しをしてください。必ず自分の席があるはずです。」と小林さん、続いて「計算し尽くされた山田監督の喜劇、何度でも見て笑ってください。」と風吹さんから作品への思いが語られました。そして橋爪さんより「パート3実現の可能性はありそう、実現には今回のパート2が大ヒットすればこそ。今日ご覧になった皆さんあちこちで宣伝してください。」と会場の期待を煽り、盛大な拍手の中会場を後にしました。

0523②_98R1028